脳内にある腫瘍(下垂体線種)

下垂体線種は脳内にある腫瘍の事を指します。

脳内に腫瘍が出来ると色々厄介です。

腫瘍といっても病気の端くれですから腫瘍が出来るのは良くないこととされています。

ですが、脳以外で出来る腫瘍は比較的治りやすいのだ。

脳内に出来る腫瘍が一番厄介なのです。

私の知人は脳内に腫瘍が出来たことがあるらしい。

私の知人は脳内に腫瘍が出来たことでボーっとしていたそう。

これは、おかしいなと私の知人の家族が思い病院に行くことを勧めました。

すると、私の知人は病院に行ったそうです。

病院に行ったらもの凄い込んでいて中々自分の順番が回ってこなかったとか。

病院で順番を待つ事2時間が経過したころにようやく受付に名前を呼ばれて診察を受けられたそうです。

どのような診察を受けたかというとCTや頭部のレントゲンを撮ったみたい。
エックス線CTの様子

CTは頭部の中までより鮮明に映りますからね。

そして、レントゲンは、もしCTで映らなかった箇所を映すことが出来ます。

そして、それらの診察が終わった後に再び診察の結果が医者から伝えられるまで受付でお待ちくださいと看護師に言われたそう。

すると時間はかかりましたが、診察をする時に呼ばれたみたいにあまり時間がかからなく30分もすれば呼ばれたそうです。

そして、医者の診察の結果を聞くために看護師が指定した部屋に入ったのでした。

医者から言われた言葉は、脳内に悪性の腫瘍があるという事でした。

で、すぐに入院して手術するということになり、私の知人は短期に入院をして、脳内にある悪性の腫瘍を摘出する手術をしたとか。

私の知人は脳内にある悪性の腫瘍を摘出したことで今でも元気です。
脳の病気の検査

そして、私は以前みたいに私の知人との付き合いをしています。

私も医者のおかげで、こうしてまた付き合うことが出来たのですから、感謝の意しかありません。

前項のように下垂体線種とは脳内にある腫瘍の事を指しますが、悪性の腫瘍もあります。

従って脳内に出来る腫瘍が最も怖いのです。

皆さんも気を付けて下さい。

About the author